シャモニクラブ 山行記録

谷川岳(雪洞)

日時:2018年3月17日(土)〜18日(日)

参加者:内山、小野、浅川、神山(ゲスト)

ルート:天神平⇔天神尾根(雪洞泊)⇔天神尾根⇔肩の小屋⇔トマの耳⇔オキの耳


初日、上越新幹線の上毛高原からバスで谷川岳ロープウウエイ土合口〜天神平。ここで 昼食のあと、天神尾根の登山道を1時間ほど登り、マナイタグラ尾根が見える箇所に 雪洞を掘り、それぞれ用意してきた、酒や夕食を楽しみ、快適な睡眠。

いつもは、登山道をしばらく歩いたところで右側にルートをとり、左奥に白毛門の頂が見えるあたりに雪洞を掘るのだが、今回は時間によゆうがあったので、マナイタグラ尾根の見えるところまで登り、先行パーティが雪洞作りをしている少し手前に掘ることに決めた。ここは登山道下の東向き斜面にしたせいか、雪が場所によってはスノーソーも使えないほどに堅くしまっていて苦労したが、交代々々で掘り進めたが、特に浅川、神山両君の活躍で3時間ほどで、4人が寝られるスペースが確保できた。

17日 登山届提出雪洞掘り開始

掘った雪はこのように廃棄夕食・宴会開始


翌日は、軽い朝食を取った後、5時半に出発し、天神尾根通しに熊穴沢避難小屋(標識がなければ見逃すほどに埋まっていた)、天狗のたまり場、天神懺悔岩、肩の小屋を経由して、トマの耳、オキの耳を往復。二日間とも上天気(無風快晴)で、快適登山を満喫。

18日 5:54 日の出朝日を受けて

同(A)6:00 登高再開

肩の小屋への登り心休まる風景

マナイタグラに朝日が少しペースが速すぎた

肩の小屋を横目に小休止

トマの耳への登り

トマの耳頂上、左後方にオキの耳トマの耳からオキの耳

オキの耳(A)谷川岳頂上で何思う?(A)

オキの耳からトマの耳

(報告:小野)(写真提供、無印:小野、A:浅川)


山行記録Topへ
-----------------------------7dd921d10498 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream