シャモニクラブ 山行記録

穂高岳(追悼登山)

日時:2018年5月3日(木)〜6日(日)

参加者:小野、内山、藤波、高井、柴崎、ゲスト1名

行程:5/3 松本(9:39)⇒(12:10)上高地(13:00)⇒ (15:50)横尾山荘(泊)
5/4 横尾山荘(7:40)⇒ 本谷橋(8:50)⇒ (10:40)涸沢ヒュッテ(泊)
5/5 涸沢(8/10) ⇒ 本谷橋(10:00)⇒ 横尾(12:10)⇒ (12:50)徳澤園(泊)
5/6 徳澤(8/20) ⇒ 明神(9:10)⇒ (10:30)上高地(11:30)⇒ (13:20)松本(14:49)   ⇒ (17:24)新宿)


GWの山行は、槍・穂高地区が多かったので、当初の計画は剣岳クライミングだったが、会員から昨年のGWで滑落し、不慮の死をとげた岳友の追悼と涸沢ヒュッテへのお礼を兼ねて 穂高にしたいというリクエストが強く、涸沢ベースで前穂北尾根、北穂東陵などの計画が 具体化した。

GW後半の天気予報は、悪化するというあいにくの情報。不参加を表明するメンバーもいたが、5日に好転するという予報と、追悼登山ということもあって、入山日はそれぞれの都合で3通りに分かれたが、6人が参加することになった。
一人は、2日朝に上高地着の夜行バスで、その日のうちに涸沢で幕営、私たち3人は3日朝に松本着のスーパーあずさで信州入り、横尾泊で4日に涸沢ヒュッテに、残る2人は3日に上高地泊で4日午後に涸沢ヒュッテ着の計画。

3日朝は首都圏はかなり激しい雨だったが、7:00のスーパーあずさ1号に乗り、しばらくすると雨はやんで、時折日差しがある天候となり、上高地から横尾までの道中は、雨具を使うことなく順調に進んだが、梓川から眺める明神岳や前穂のスカイラインは雲に隠れていた。松本から新島々までの電車では、思わぬヴァイオリンの生演奏のふるまいがあり、心洗われる思い。

3日 上高地線でのLIVE演奏明神館前からの明神岳(雲の中)

倒れても花をつける山桜閑散とした徳澤園前

曇天の横尾山荘前風呂上がりの夕食

夜は星も見えたようだが、4日の横尾の朝は雪。多くの泊り客は、上高地へ下山するなか、われわれは朝食を取った後、7時40分頃に涸沢に向けて出発し、雪で覆われた本谷橋で、アイゼンを装着し、急登の続く夏道通しのトレイルを一路涸沢ヒュッテを目指す。時々吹雪いて、トレースが消える天候の中、歩き通して、11時前に涸沢ヒュッテに到着。
チェックインしたあと、高井のブルーのテントを捜しあて、声をかけるも応答なし(あとで聞いたところ、連日悪天候で行動ができなかったので、われわれを迎えに本谷橋まで往復したとのこと)。割り当てられた別館の談話スペースは工事中につき、本館の談話室でくつろいでいるうちに、高井が現れお酒を飲みながらしばし歓談。別のパーティの女性を加えてカードゲームをしているうちに、3時過ぎには残りの二人が揃って、明日の天候や行動など、また、ここで知り合ったSさんの仲間がこの日北穂に登り悪天候で下山できず、北穂高山荘に泊まることになったパーティの話などして、夕食。
特別な儀式めいたことをしなくても、こうして、ヒュッテに仲間が集まって、がやがや話をしていることで、十分に追悼できたと思う。

4日 7:50 横尾の森(内山、藤波)人影まばらな本谷橋

5日は天気が回復を待ってして、北穂か奥穂に登頂をもくろんでいたが、朝は吹雪交じりの荒天。朝食のあと、やむを得ず下山を決断し、ヒュッテの社長に昨年のこの日の事故に関連してお世話になったことについて厚く謝意を申し上げ、身支度を整え高井のテント(寒さと温かさが交互に来て、ペグの周りが凍結して、撤収に手間取る)の撤収を4人がかりで行い、8:10に下山開始。

高井は仕事の都合もあり、今日中に帰京することに。われわれ3人は徳澤園に一泊したあと、翌日帰京組と沢にもう一泊して帰京する組、涸沢ヒュッテにもう一泊する組に分かれることになった。徳澤に着くころには天候が回復してきていて、ちょうどその頃、涸沢に残った柴崎からMessengerで、写真とともに「北穂沢の途中まで登り、前穂北尾根の三峰を拝んでいます」とのれんらくがあった。後で振り返ると、天候回復があと半日早ければ、下山時の雪崩のリスクはあるものの、5日の登頂は可能だったかもしれない。
5日 涸沢ヒュッテの風雪のテラス霞む北穂沢と涸沢小屋

ポールの折れたテント撤収後4人で新雪を踏んで下山

時折青空が見えるようになった昇り降りの登山者でにぎわう本谷橋

高井とは横尾でお別れ、凄い荷物前穂と明神

柴崎から届いた前穂北尾根の写真

徳澤園、チェックイン前のリラックス同、写ってないもう一人はビール

夕食これがMain Dish

6日、徳澤園の朝は晴れ。内山は念願の中の湯でもう一泊、残り二人は、帰京の予定であるが、急ぐ旅でもないので、明神から上高地へは静かな右岸の遊歩道を歩くことになった。河童橋を渡る前に、西糸屋山荘のCafeでしばし喫茶タイム。ここで解散。
新しい枝と芽を出す老木の生命力野猿の集団が辺りを徘徊

霞沢岳焼岳

穂高連峰、梓川と落葉松

(報告・写真:小野)

《感想》例年のゴールデンウィークでは、横尾山荘から涸沢ヒュッテへの登り道の本谷橋は雪の中であるが、今年は雪解けが早かったためか、橋を渡り夏道沿いに高度を稼いだ。このような年は今まで経験が無いように思う。

涸沢ヒュッテに到着して天幕の高井さんと会い、翌日の山行について話し合うが、天気の回復は望めないとの判断で、5日に下山となる。
横尾山荘前で高井さんと 別れ、徳澤園で宿泊。翌日は明神から橋を渡り、梓川の右岸を歩く。途中、焼岳の眺めが素晴らしい。
西糸屋のカフェで一服した後、2人と別れ、大正池まで歩く。天気も回復して、大正池をバックに穂高連邦が美しい。天気予報が良くなかったためか、観光客も例年に比べ少ないように思う。上高地から大正池までのんびりと眺めを楽しみ、念願の中の湯温泉旅館で卜伝の湯に浸かる。(内山)


山行記録Topへ
-----------------------------7dd921d10498 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream