シャモニクラブ 山行記録

小川山・新人クライミング講習

日時:2018年9月23日(金)〜24日(日)

参加者:横倉、藤波、内山、M


《ルート》
23日(日)スラブ状岩壁
ウルトラセブン(5.7)、
かわいい女(5.8)、
小川山ショートストーリー(5.9)、
オーウェンのために祈りを(5.10c)、
高い窓(5.10b)

24日(月)
水晶スラブ :ツイスト(5.10a)
左岸スラブ :トムといっしょ(5.10a)



《感想》23日
 予定よりも1時間ほど早く廻り目平に到着する。Mと合流して、予定通りスラブ状岩壁に向かう。先行パーティーがいるも「小川山ショートストーリー」から登り始める。 横倉講師の指導の下、Mは、このルートをトップロープで登った後にリードで登る。足で蹴りながら体重を移動する悪癖を幾度も注意される。しかしながら、次に、「ウルトラセブン」と「かわいい女」もリードする。Mは、見た目に、リードでのクライミングで安定感を見せる。
小川山ショートストーリーは出だしが少し難しいが、後は易しい。「ウルトラセブン」と「かわいい女」も初級ルートとして手頃であり、アップにも丁度良い。私は、5.10bと5.10cのルートはまだまだ登りこまないと厳しいと感じる。(内山)

ウルトラ7(5.7)をリード M同左

小川山ショートストリー(5.9)をリード、M   高い窓(5.10b)TR 藤波

オーウェンのために祈りを(5.10c)TR 内山      同左

《感想》24日
 水晶スラブの「ツイスト」から左岸スラブの「トムといっしょ」を登る。
 朝一は厳しく、休息後、2回目で納得の登りとなる。新人向けのクライミングであったが、自らも基礎的な動きを復習する良い機会となる。(内山)

《新人Mの感想》
 今回のクラブ例会は新人の為のクライミング技術講習ということで…
いつもだと「ロープ張ってぇ〜」とか「リードできない〜」と甘えてばかりいるけれど、この日の鬼コーチはビレイヤーにTRのロープにテンションがかからない様に緩めるよう指示。 「このルートのリードは無理〜」と泣いても許してくれない…。
だけど…なんとかなるものですね!
私のトポにはちゃっかり日付とリード完登を記入しちゃいました。笑
水晶スラブでは足裏感覚が頭でわかるようになり、今でもあのフリクションの感覚を思い出せます。
諸事情で講師が三人、生徒は一人となり、実りある講習を受ける事ができました。 ありがとうございました。


ツイスト(5.10a) TR 藤波同 TR M

ツイスト(5.10a) TR 横倉講習中

トムと一緒(5.10a) リード 内山同 TR M同 TR 横倉

(報告&写真:内山、横倉)


山行記録Topへ
-----------------------------7dd921d10498 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream