シャモニクラブ山行記録

妙義山

日時:2018年11月17日(土)〜18日(日)

参加者:小野、柴原、柴崎、浅川


妙義山概要

懸案の妙義山登山。参加者も宿の手配も済ませたが、今週間天気予報では雨予報で今回も中止が危ぶまれたが、待てば海路の日和ありで金曜日の午前中に決行の判断をしたら、土日とも晴天となった。
―蘰は、妙義神社から大の字、奥の院、見晴、びびり岩、背ビレ岩、大のぞきを経由して白雲山の主峰の相馬岳に登頂して、タルキ沢を下降し、タルキ沢出会から妙義山神社への道が落石により通行止めとのことで迂回して、投宿予定のひしや旅館に。

2日目は、金洞山の登山口の中之岳駐車場に移動して、大國神社、中之嶽神社を経由して見晴台、第4石門に立ち寄り、中之岳、東岳に登頂し、エスケープルートを使って下山。第4石門を左に見て、第3石門、第2石門、第一石門をくぐって、駐車場に到明着。田舎やという界隈で名の通った蕎麦屋で昼食をとって、渋滞前の上信越道、関越道経由で帰京。渋滞もなく、4時には帰宅しました。同行の皆さん楽しい山行に感謝です。

11/17 市営駐車場から白雲山妙義神社

大の字からの眺望紅葉

奥の院ご本尊奥の院から入口

びびり岩

背びれ岩大のぞき

相馬岳への登り金洞山を望む

相馬岳頂上下山道の紅葉

市営駐車場(8:50)-妙義神社(9:08)−大の字(10:02)−奥の院(10:39)−見晴(11:10)−
びびり岩(11:24)−背びれ岩(11:44)−大のぞき(11:56)−相馬岳(13:32)−
タルワキ沢出会−四阿−大人場−駐車場−ひしや旅館(4:30)

タルワキ沢出会から中間道経由で妙義神社の戻るルートが通行止めとのことで迂回コースを取ったが、地元のハイカーが「道の端を通れば行ける」という。すでに四阿まできているので、そのまま、迂回路をたどったが、もう少し調べればと反省。

11/18 ひし屋旅館(後方に大の字)中之嶽神社駐車場から金洞山

大國神社中之嶽神社への長い急な階段

轟岩第4石門と大砲岩

大砲岩とローソク岩中之岳から相馬岳を望む

中之嶽を経て東岳へ東岳から浅間山を望む

エスケープルート始点第2石門

第1石門手打ちそばの田舎や


ひし屋旅館(7:05)−中之岳駐車場(7:22)−中之嶽神社(7:39)−轟岩(7:46)−
第4石門(8:18)−中之岳(9:06)−東岳(9:26)−エスケープルート分岐(9:44)−
第4石門−第3石門−第2石門−第1石門−駐車場(11:20)−田舎や(11:52)

(小野記、写真も)

【感想】(浅川)
メンバーと天気に恵まれ、晩秋の妙義山と旅館、等々楽しいひと時を過ごさせて頂きました。お礼申し上げます。
2日目は人生初めての膝の故障で失礼しましたが、皆さんが汗をかきかき歩いている中で、出湯でゆったりと汗を流させて頂きました(笑)。
妙義山自体は適当に岩場が出現して変化と高度感のある楽しい山ですね。 他にもロープを使うルート等もある様で興味深いです。再訪したいと思います。 その前に靴を買い替えておかないと…。 今回の反省点は膝の故障も含めて「靴の選択ミス」(足元がユルイと結構怖いですね…)と言う事でお願いします。
追伸、たまには今回みたいなユルユル登山の企画も楽しいです。 次回も宜しくお願い致します。有難うございました。

山行記録Topへ