シャモニクラブ 山行記録

北穂高岳東稜

日時:2019年5月2日(木)〜5日(日)

参加者:内山(L)、小野、柴崎


行程:5/2 松本(10:10)⇒(10:40)新島々(10:55)⇒(12:00)上高地(13:00)⇒ (15:45)横尾山荘(泊)

5/3 横尾山荘(柴崎合流)(9:00)⇒ (10:00)本谷橋(10:10)⇒ (13:10)涸沢ヒュッテ(泊)

5/4 涸沢(4:30) ⇒ 東稜取付(6:30)⇒ ゴジラの背(9:00)⇒ 東稜のコル(9:30)⇒
(10:30)北穂高小屋(11:30)⇒ 北穂頂上(11:40)⇒(13:10)(柴崎下山)涸沢小屋(13:30)⇒(14:10)涸沢ヒュッテ(泊)

5/5 涸沢ヒュッテ(7:30) ⇒ (11:00)徳澤(12:00) ⇒ (13:30)上高地(14:05)⇒ (15:55)松本(17:00)⇒ (20:00)新宿)


昨年のGWは、不慮の死をとげた岳友の追悼登山を計画したが、あいにくの天候のため、登頂を断念し、1日早く下山したが、今年は4日間とも晴天に恵まれ、東陵経由で北穂の頂上に立ち、一昨年事故のあった前穂北尾根を望むことができた。

2日、内山、小野は新宿7時発のあずさ1号でで信州入り、上高地から11kmの歩行で15:40に横尾着。
2日 上高地線新島々着上高地かっぱ橋

明神横尾

風呂上がりの夕食

3日朝には柴崎が合流し、9時に涸沢ヒュッテに向けて出発。本谷橋(橋はまだ雪の下だった)でアイゼンを装着し、昨年の夏道通しでなく沢伝いのトレイルを登り、11時30分に涸沢ヒュッテに到着。

10:00 本谷橋(橋は雪の下)涸沢ヒュッテへの長い登り

行列

もう少しでヒュッテ12:20 涸沢ヒュッテ着

奥穂高岳の雄姿テラスにて

4日、登頂日。4:30にスタートするもすでに先行パーティが何組も。涸沢小屋を過ぎたあたりでモルゲンロートを観察し、北穂沢を東稜への分岐店までひたすら登り、さらに東稜取付きまでさらに登る。
取付きからしばらくは、ナイフリッジと岩のミックスをノーザイルで進み、ゴジラの取付きでアンザイレン。ゴジラの頭からの下降は、ロープを外して慎重にクライムダウン。
ここからは北穂小屋を目指して急登に次ぐ急登、ついに北穂小屋のテラスに到達。軽く軽食を摂って頂上に立って記念撮影し、北穂沢を急下降し、涸沢小屋で下山する柴崎と別れて珈琲タイム。その後ヒュッテに戻って乾杯。

5/4 北穂沢北穂高に朝日が

奥穂高のモルゲンロート東稜を歩くわれらがシルエット

北穂小屋に至る急傾斜の尾根を望む稜線からの槍ヶ岳

ゴジラの背をクリア

前穂北尾根北穂小屋テラスから槍ヶ岳

前穂北尾根を背に令和元年の年号を借りて

北穂頂上涸沢ヒュッテのテラスから北穂沢

パノラマ売店にて

5日は松本発17:00のあずさに間に合うように7:30に下山開始。途中、横尾でデポしていた登攀具や着替えをリパッキングして一路上高地へ。徳澤園では昼食をとり、デザートはソフトクリーム。上高地でバス、新島々で上高地線に乗り換え松本へ。駅内イイダヤ件で早めの夕食をとって、17:00の梓で帰京。
5日朝、北穂、北穂沢、東稜上高地へ帰還

《感想》
東稜は今回3回目だが、自分のフィジカルも稜線もそれぞれコンディションが異なり、難易度もことなる。前回は残雪が多く、ロープを使わずに難所も通過できたが、今回はゴジラの背を通過するところでは、アンザイレンをして安全を期したし、また、事前に北穂沢から東稜取付きへの分岐点を確認したこともよかった。
 先行パーテイに待たされたり、後続パーテイに追われるようなこともなく、しっかり写真撮影の時間もとれ、天候と仲間にもに恵まれて、さらに快適な山行ができたのが収穫でした。
 それにしても、柴崎さん、タフだねぇ。夜行でドライブして、涸沢に一泊して東稜経由で北穂に登り、その日のうちに下山だからね。(小野)

徳澤園のソフトクリーム

 5/2〜5/5の4日間全て快晴に恵まれたことに、大変感謝しています。このような山行は今までもなかったし、これからもないと思います。そして、4日当日も東稜に取り付いたパーティーが我々を入れて5組ほどであったことも大変幸運でした。時間も適度にずれて、前後のパーティーをかろうじて目視できるほど遠く離れていましたから、待たせることも待つことも無く、ルートを満喫できました。年によっては、ゴジラの背で4時間待ち等の体験談を耳にすると、今回は奇跡と言えるかもしれません。
 5月の北穂東稜はバリエーションルートの入門とされていますが、準備から万全を期して臨んだことも良かったと思います。今後も、山は様々な条件によって難易度が激しく変わりますから、侮らず、恐れ過ぎずに一期一会の心で関わっていきたいと思います。今回同行したお二人にも感謝しています。有難うございました。(内山)

涸沢のパノラマ売店のテラスにて

横尾山荘合流で、安心して涸沢ヒュッテに入ることができました。
4日は朝から好天に恵まれ、先行パーティもあったお陰で、東陵取り付きに難なくたどり着きました。
 以前取り付く前に敗退してしまったのが、うそのよう。稜線にいる自分たちが山の斜面に影を落とすさまに感動。念の為と確保する場所がままならぬなかロープをはって頂き、安心して(ゴジラの)背を超えていく事ができました。下から見上げたあんな所もいざ取り付いて登ってるのが不思議な感じでした。
 涸沢まで降りるのが一番大変!!途中からの尻ゼードに変更、楽しく滑り降りました。 そこから先、私の都合でそのまま下山させて頂きました。頑張ったけれど最終バスに間に合わず、がっかり。お二人のお陰でよい山行となりました。ありがとうございました。 (柴崎) 


山行記録Topへ
-----------------------------7dd921d10498 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream