シャモニクラブ山行記録

湯河原・幕岩 忘年山行

日時:2019年12月14日(土)〜15日(日)

参加者:柴原、横倉、藤波、内山、浅川、柴崎、小野


14日は、どこの岩場も混雑していたが、柴原、横倉、藤波、内山、柴崎の5人で、ガリバーの岩場やシンデレラフェースでクライミングをし、午後には正面壁に移動し、 リフレクション右(5.9)、ポニーテール(5.9)、No.7ルート(5.10b)などをエンジョイして終了。民宿かしわぎに戻り、横倉は所用のため下山し、ほかのメンバーはお風呂で汗を流し、しばし休息。
6時からは、忘年会をかねた夕食。ここで、小野特製の鍋料理を賞味しながら、ことし一年の山行を振り返り、台風や大雨江で、予定通りの山行ができなかったことなどを話題にしつつ、年末などについて登山話し合った。少しおくれて浅川がジョインして、食事が終わった後も部屋に戻り延長戦。

幕山の名前の由来の岩場幕山頂上

初島・大島幕状の岩場を振り返る

幕山全体落葉まえの紅葉

翌日も晴天に恵まれ、朝食の後、柴崎、小野は幕山頂上を目指してハイキング。頂上に9:20頃についてが、柴崎は所用で下山しなければならず、バスに間に合うように大急ぎで下山。小野は何度も幕山にはクライミングで来ているが、頂上を踏むのは初めてなので、写真を撮りながら降りて岩場に向かった。
柴原、藤波、内山、浅川の4人は正面壁でクライミングしていたようだが、いったん管理棟で合流し、5人で茅ケ崎ロックの桃源郷の「蟻さんルート」と「いんちきするな」(いずれも5.8)をそれぞれが登り終了して下山。浅川車で湯河原駅まで送ってもらい、駅前の中華料理屋で5人で昼食をとって帰京。

蟻さんルートを登る柴原いんちきするなを登る浅川

(以上小野記、写真とも) 山行記録Topへ