シャモニクラブ山行記録

八ヶ岳・裏同心ルンゼ(核心部)

日時:2019年12月29日(日)〜30日(月)

参加者:内山 L(写真)、藤波、柴崎(写真)、小野(報告、写真)


 12月29日(日)晴れ。10時20分発の美濃戸口行きバスへ乗車するべく茅野駅に集合。
 美濃戸口でバスを下車後、身支度を整え、登山届を投函し、赤岳鉱泉に向けて出発。途中、赤岳山荘で昼食を摂る。久しぶりのおばちゃんとの対面である。正面に阿弥陀岳の頂を望みつつ、12時過ぎに山荘を出発。中間の堰堤広場では樹々の霧氷を眺め、ここから13の橋を数え、14:25に赤岳鉱泉に到着。
 今回は、4人で小屋泊まり(快適な個室)。明日の天候を案じつつ夕食をとり、行動計画を打ち合わせ。

赤岳山荘前から阿弥陀岳堰堤広場から霧氷

大同心が見えてきた赤岳絵鉱泉のアイスキャンディ

赤岳鉱泉の個室今夜はステーキでなく魚と豚肉

翌日30日(月)の行動は、朝食後、予定通り裏同心ルンゼを詰めて、大同心稜を下降することに。予報通りあさから小雪の舞う天候だったが、ルンゼを詰めてF1藤波リードで柴崎、小野が続く、内山は単独ですいすいと登る。このころから雪が少し強く降るようになり、時折強い風が吹くようになり、上部の視界が妨げられるようになってきた。

次はF2(3段40M滝)である。先行パーティが懸垂下降で降り始めた。どうやら上部の天候悪化で、大同心稜からの下山を断念したようだ。私たちは、ともかく核心部のF2をクリアして、その後の行動をきめることにして、再び藤波のリードで今度は小野、柴崎の順でのぼる。第1の滝でもたもたしてやっとのおもいで登ったら降雪と風が強まってきた。  全員がF2を登った時に、再び、別パーティが懸垂で下ってきた。このまま、F6まで詰めて大同心基部まで登り、大同心稜を下降するか、ここで切り上げて懸垂下降するか思案のうえ、天候回復の見込みが薄いととと、それよりも美濃戸口発の最終バス(16:20)に間に合わせるには、さらに遡上は困難との決論に至った。

F1を登った柴崎F2の第1の滝

余裕の藤波悪天候の中、第1滝を超える内山

リードする藤波と確保する柴崎下山時、積雪がくっきりのF2第1滝

懸垂の順番待ち50mの懸垂下降

 鉱泉に戻って、行動食をたべたり、水分を補給したり、デポした衣類や装備をリパッキングして、美濃戸口を目指してひたすら歩く。樹林帯に入ると登山道は新雪は少なく凍結しているのでスリップのリスクがあるが、それを意識しつつ一目散に歩く。バス停には約15分ほどの余裕をもって到着。乗客は我々4人のみである。

 茅野駅で帰路のチケット(あずさはダイヤ改正ですべて指定席となった)駅前の居酒屋反省会。完登できず口惜しさは残ったは残ったが、核心部を超えたことで次回に課題をのこしつつ、乾杯して夕食。

 私も本当に久しぶりのアイスクライミングで。今回も藤波、内山におんぶにだっこ状態両氏に負担を強いて、感謝でいっぱいです。(以上小野記)

【感想】
 センスなしと悟って以来遠慮していたので、ちょ〜久しぶりのアイスクライミング。 アックスとピッケル。ピッケルだとシャフトがちと長い。蹴り込みも・・・。
雪がやまず、時間もおしてF2で撤退。折角登った氷を懸垂下降。悲しい・・・。
やっぱアイスはやめておこう。とはいえ 今年最後の月例山行をお三方とご一緒できて楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。
体調不良で不参加だったAさん、ベッド、快適でした。 予約ありがとうございました。(柴崎)

 今回は氷の状態がよく、ギアの先が丸い状態で登りましたがよく刺さり快適に登れました。(藤波)

12年ぶりの裏同心ルンゼでほとんど記憶もなく、同じ12月であったが、その時は雪で滝が埋まっていた覚えがある。今回は比較的滝がはっきりと現れていた。撤退を決めたところが今回の山行のポイントであった。
 天候も芳しくなく、帰りのことも考えて妥当であった。Aさんが参加出来なかったので、雪が積もる前(2020年12月)に再度訪れたい。(内山)   山行記録Topへ