シャモニクラブ山行記録

八ヶ岳ジョウゴ沢F2(アイスクライミング)

日時:2021年12月25日(土)〜26日(日)

参加者:五十嵐、井上(写真)、浅川、徳野、内山(報告)


内容

25日:10:00八ヶ岳山荘前集合。井上、五十嵐は車。他3名は電車とバス利用。 11:30赤岳山荘着。昼食後、12:20出発。15:00赤岳鉱泉着。

26日:朝食後8:00に赤岳鉱泉出発。F1を過ぎ、F2でアイスクライミングを楽しむ。 1泊2日の計画のため昼までには鉱泉に帰る事を念頭に1人2本程度のクライミングを考えてルートを右と左に設定する。
今回は、寒波の後という事で氷の閉まり具合を期待していたが、滝の落ち口には穴があり、取り付くのに苦労する。トップロープを2本セットして、ほぼ全員が左右のルート1本ずつ登ることが出来る。
正午前には無事クライミング終了、撤収して鉱泉へ帰る。13時に鉱泉を出発して八ヶ岳山荘前の最終バス時刻14:45に十分間に合う。
浅川、徳野、内山はバスと電車で帰京する。井上と五十嵐は車にて帰郷となる。




感想

  アイスは初めてでしたが、ジョーゴ沢は初心者に優しいルートでしたので楽しく登ることができました!
極寒の中、支点の構築やビレイなど手が凍って大変だったと思います。本当に有難うございました!!またアックスを貸してくださり有難うございました??非常に寒くて辛かったのですが、また機会があればトライしたいと思います。(五十嵐) 有難うございました。とても楽しかったのです。
単なる登山ではないので、長時間じっとしていられる寒さ対策は抜本的に見直さなければと実感しました。(井上)

初日の陽気に比べ、翌日のジョウゴ沢クライミングは寒さとの戦いでした。
普段何気なく行っている動作ひとつひとつが手袋をしているということもありますが、上手く出来ず、時間もかかり大変…寒さで思考能力も低下していたように思います。
そんな中、みんなが早くクライミング出来るようにと着々と準備を進める内山さん… 頭が下がりました。いつも、ありがとうございます。
本物の沢でのクライミングはドキドキで アックスを打ち込む氷の先には水が流れているし、滝壺に落ちやしないかとヒヤヒヤものでした。
初心者には山荘脇のアイスキャンディだと同じ時間でもトライする回数も多くなるし、先ずは慣れていくという面で有効なのかな〜と改めて感じました。(徳野)

アイスクライミングの時間は日程の都合上あまりとれなかったが、久し振りのアイスクライミングを楽しむことが出来た。F2は傾斜も緩く、スクリュウーを決めることは難しくはないが、それだけに短時間で素早く作業する術を身につけなくてはならないと再認識させ られた。次回に生かして行きたい。(内山)

  山行記録Topへ