シャモニクラブ山行記録

奥穂高岳(GW山行)

(上高地〜横尾〜涸沢〜白出コル〜奥穂高岳〜白出コル〜涸沢〜横尾〜上高地)

日時:2022年5月1日(日)〜4日(水)

参加者:内山(L、報告、写真)、小野(写真)、 井上(写真)、五十嵐、徳野、

奥穂頂上


行 程:
5月1日(日)
Aチーム 松本駅(10:30)→沢渡→(12:00)上高地(13:00)→明神→徳沢→(16:30)横尾山荘(泊)
Bチームは沢渡にて車中泊。

5月2日(月)
A 横尾(7:50)→(9:30)本谷橋→(11:20着)涸沢ヒュッテ
B 上高地(6:00)→(9:00)横尾→(10:30)本谷橋→(13:00着合流)涸沢ヒュッテ(泊)

5月3日(火)
涸沢ヒュッテ(7:20)→(10:20)穂高岳山荘(11:00)→(13:00)奥穂高岳(13:20)→(15:00)穂高岳山荘(泊) 5月4日(水)
穂高岳山荘(6:30)→(8:30涸沢小屋9:00)→(13:00)本谷橋→(14:00)横尾→(15:30)徳沢→(17:00)明神→(18:00)上高地



5/2横尾山荘の朝、光る前穂横尾の森から屏風岩

5/2 涸沢への登り涸沢ヒュッテが見えてきた


感 想:
山行届に記載した行程プランの(B)、即ち奥穂高岳登頂を目的とした山行に穂高岳山荘着後、小屋番からの情報等で決定する。奥穂高岳〜吊尾根〜前穂高岳〜奥明神沢のルートが登られていないこと、天候の変化が読めないこと及び参加者の経験と体調等を考慮した結果であり正しい選択であったと考える。 最終日4日の下山途中では反省すべき行動が起きてしまうが、その度に的確な行動で大事に至ることは無く、無事下山となる。新しいクラブ員と共に久しぶりの大人数(5人)で、5月GW残雪期の奥穂高岳登頂を果たせたことは収穫である。

アクシデント 穂高岳山荘がある白出のコルから1時間ほど下った雪渓上でAがビーコンを落下。ビーコンは雪渓上を滑り落ちる。ビーコンを探す為に2台のビーコンを捜索モードに切り替える。 暫く雪渓を下るとザイテンルート上の灌木があるが、ビーコンは更に下を示しており下降する。程なく雪渓上の窪みにビーコンを見つける。

アクシデント 涸沢ヒュッテから暫くは沢に沿って雪渓を下山するが、やがて1時間ほどで夏道の斜面へと登山道が作られている。山の斜面に作られたルートは場所によって緩急に違いがあり、本谷橋が近くなるにつれて谷側が急になる。Bはその本谷橋手前の斜面で、登って来る登山者とのすれ違い時にスリップし、30m〜40m滑落する。アイゼンは未着用である。滑り始めはゆっくりであったが、次第に加速して沢のすぐ近くまで滑落する。CとDが滑落したBの所まで下降し無事を確認後、3名で斜面を登り返す。BのザックはDが背負うが、Bは自力で登り返す。

個人的には特に下山時において、CLの立場から参加クラブ員の状況を見極め、的確な指示とアドバイス等を行う必要を痛感する。具体的にはビーコンの正しい装着方法と滑落の恐れがある雪壁等でのアイゼン装着を促すことである。
涸沢ヒュッテでは降雪のため館内ではあったが、Cを中心に全員でビーコンとゾンデ棒の取り扱い等の練習を行ったことは、雪山に向かう者としては当然のことと考える。いざという事態に直面した時の行動が生死を分ける事を思えば、機会を設けより深く習熟しなければならないだろう。
シャモニクラブが小野会長の下、5名で残雪期の奥穂高岳登頂が出来、かつお天気にも比較的恵まれた山行であったことは反省点も含めて大きな成果であったと思う。最後に、涸沢ヒュッテの山口(会長)さんには夕食時にワインを御馳走になり、まだシャモニクラブの存在が多少なりともあることが嬉しかった。(D)



ヒュッテで合流ワインの差し入れ

5/3 白出のコルに向けて出発前穂北尾根


コロナ禍の影響もあり、GWのクラブ山行は3年ぶり(前回は、2019年の北穂東陵)である。会員の減少もあって、前回も3人の参加であったが、今回はベテラン2名、若手(?)3名の5人のパーティとなった。
もともとの日程は、GW前半で組んだが、釜トンネルの先で起きた土砂崩れで上高地線が普通になり、一旦中止を決めたが、参加者一同、あきらめきれず、日程を変更しての実行となった。  横尾山荘まではベテラン組が、上高地で昼食の後、雨の中歩き続けて一風呂浴びてゆったり過ごす。若手組は沢渡で車中泊。翌日は良く晴れて、涸沢までの道中は快調で、先発の二人は正午前にヒュッテに到着。車中泊組が上高地経由で涸沢についた時には雪が降っていた。
 4日は、快調に、あずき沢をのぼり、穂高岳山荘に一旦チェックインしたあと、奥穂を往復して、大きな混雑もなく、全員そろって頂上を踏むことができてハッピーでした。  当初計画の奥穂〜前穂〜奥明神沢の縦走下山のプランをやめたのは、涸沢ヒュッテや穂高岳山荘のスタッフの助言とルートの状況が読めない(誰も入っていない)こともあり正解。
 私自身の反省点は、山行の2〜3日前から違和感のあったアキレス腱痛を少し甘く見ていたことと、登山靴のソールが部分的に剥離していたことを事前点検で気づかなかったこと。幸に山行自体には大きな影響はなかったが、下山時にアキレス腱痛が悪化して、皆さんに心配をかけたこと。
 2件のアクシデントについては、リーダーの指摘の通りなので、今後に活かしていきたい。
このところ、登山届を出さずに入山したり、雪崩ビーコンを携行しないで雪山の入る登山者の遭難で、「捜索する関係者に大きな負担をかける」ケースが報道されている。 今回は5人全員がビーコンを身に着け、ゾンデ棒3本、スコップ2本を携行して安全登山を 実行できたのは、当然のことではあるが、今後も励行したい。(E)



あずき沢の登り振り返ると常念岳の雄姿

前穂高が間近に北穂の奥に槍ヶ岳


今回の山行では、Beaconの使い方や下山時の急坂での足の置き方などたくさん学ばせて頂きました。ご指導くださった小野会長、Dさん、Cさん、有難うございました。 ただ、わかっていたつもりでも認識不足でBeaconを落としてしまい、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。Beaconが見つかるまでに雪崩にあうことがなくて本当に良かったです。
滑落の件にしても、目の前で起きた事故に対して自分は何もできずただただ見守るだけ。経験豊富なCさんDさんの助けがあったお陰で、大きな怪我もなく素早くリカバリー出来たのは幸運でしたね。自分はこういう場面に遭遇したらどう対処しただろう、対処できるようになれるのだろうか、今後の山行スタイルを変えようか、などいろいろ考えています。 とにかく、アドバイスや忠告を素直に聞く姿勢は大事だし、緊急時の対応などしっかりと学ぶ必要があると痛感、低山高山に限らずもっと安全に対する意識を高めて行こうと思います!! (A)



ジャンダルム頂上の祠

前穂高白出のコルへの最後の下り


全日天気に恵まれ、奥穂山頂は無風というあり得ない状況で、ほんとにいい山行でした。
撮影機材はやや盛り盛りで臨んだが、夜は吹雪いて星景は撮れず、三脚とレンズを使わず、縦走は無しとなりGPSと予備バッテリーも使わなかった。会山行なので多少ルートが険しくなると、ペースを優先してゆったり撮ることもないので、GoProのスイッチの確認を忘れてしまい、ほとんど撮れてなかったり、使わなかった装備は、それなりの重量だったと思う。
下山中、本谷橋手前で渋滞にはまり、谷側側面沿いに歩いたが、アイゼンつけていなかったこともあり、油断して滑落してしまった。比較的つかまるところが多く何とか沢まで落ちず、止まることができたが、自力リカバリーには、装備を出したりしなければならないので、単独ならそうこうしているうちに、確実にヘリを呼ばれていたと思う。紛失したものもほぼなく、最小限のダメージと心配をかけただけでホントに運が良かった。ピッケルとアイゼンがあれば、滑落することはまず無かったと思うので猛省しかない。1.5kg以上のカメラが胸に固定されていたので、対滑落姿勢が取れなかったのも大きい。
雪崩にも合わずほんとによかったと思っていましたが、下山まで帰宅までが登山だということを思い知りました。
会の皆様、ご指導、ご対応いただきありがとうございました。(B)



白出のコルに無事到着5/4 下山開始

5/4 白出のコルから涸沢あずき沢を登る人達


県道上高地公園線で崖崩れが起きた時には驚き、山行はどうなることかと思いましたが、結果的には5/2〜4の山行はお天気に恵まれ、楽しいGW山行となりました。
しかし、さすがにこれ程雪の少ないGWの穂高も初めてでした。夏日と寒い日の繰り返しと 山頂付近でも雨が降っていた事から雪崩が心配でなりませんでしたが、今回は遠くから見る雪崩だけで良かったです。雪もしまっており、例年に比べ、かなり登りやすい状態でした。奥穂登頂も凍結もなく、山頂下の危険箇所も雪なく少し拍子抜けするほどでした。しかし何よりメンバー全員であの雄大な北アルプスの景色を無事に堪能出来たことは嬉しかったです。GWはやっぱり春のアルプス登山ですね!

今回は当初、奥穂〜前穂〜岳沢〜上高地へと下山予定でしたが、ルートコンディションだけでなく、メンバーの状況的には行かなくて正解だったと思いました。雪山登山は夏の高所登山と比べても格段にリスクが高くなり、ほんの少しの誤りが命取りになりかねないからです。今回の山行では事前にどの程度の雪山登山の経験と技術を持っているのかわからないメンバーがいました。小豆沢の登り降り時に滑落停止の技術があるかを尋ねた際には『この状態では止まらないんじゃないか』とか『いざ滑落した時にちゃんと出来るか、わからない』との声が帰ってきました。幸い、ビーコンの使い方と救助方法の伝達は簡単に山荘で行うことが出来ましたが、本来であれば危険な高所登山に向かう前にアイゼン装着時の基本的な歩行の仕方や注意点、ピッケルの使い方と滑落停止の練習が出来ていたら良かったと感じました。そうする事でメンバーの不安感をお互いに軽減出来たと思います。 本谷橋手前の滑落事故に関しては他人事ではないなと感じています。事故は核心部を過ぎ、気の緩んだ頃に起きやすいものです。今後の事故防止のためにもしっかり検証出来るといいと思います。私達には趣味の登山ですが、命懸けで救助にあたる山岳警備隊の方々を思えば、自己の経験と技術に見合うルート選択は大切だとも感じました。 自分自身や仲間の身を守るためにも定期的なセルフレスキュー実践講習受講などで研鑽していきたいと改めて思いました。(C)


あずき沢を下山涸沢テント村にに到着

上高地のおサルさんたち上高地の落葉松


  山行記録Topへ